広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

離婚を決意したけれど、何からどうはじめたらよいのか分からない方はぜひ弁護士にご相談下さい。
離婚の方法には、協議離婚調停離婚裁判離婚の3種類があります。
離婚のようなプライベートな問題は、まず二人の話し合いで解決するものとされ、それでもまとまらない場合に、家庭裁判所での調停、裁判の手続きをとることになります。

離婚問題でお悩みの方へ

離婚するべきかどうか悩んでいる…
相手が離婚に応じてくれない…
離婚後の生活が心配…
離婚後、子どもがどうなるか心配…

など、離婚にまつわる悩みは様々です。

しかし、離婚にもルールがあります。そのルールに従い、一歩ずつ前に進んでいけば、あなたの悩みは解決します。

結婚したときは、伴侶と一生を共にしようと誰もが思っています。
しかし、人の気持ちも環境も変化します。
その中で、場合によっては相手のこのまま生活していけるか、いくべきなのか悩むことがあります。

結婚生活に関する悩みは、最も深刻なものの一つです。
仕事や家事に手が付かなくなったり、病気になることがあります。

お子さんがおられる場合は、なおさら悩みは深刻でしょう。

このようなとき、一人で悩んでいると、どんどん深みに嵌っていくことがあります。

当事務所では、弁護士が親身になってあなたの話を聞かせていただきます。
その上で、法律の専門家として、解決の処方箋を示させていただきます。

もちろん、結婚生活の問題の全てを法律で解決するわけではありませんが、法律で解決できることもたくさんあります。

「法律上は、このように解決できる!」
ということを知るほうが、大きなヒントになることもあります。

まずは、お気軽にご相談下さい。

広島市・呉市・東広島市でご相談できます

広島本部

広島本部長: 田中伸

広島本部へのアクセス

呉支部

呉支部長: 宮部明典

呉支部の特設ページ

東広島支部

東広島支部長: 小林幹大

東広島支部の特設ページ

依頼者の声

豊富な知識・交渉力に助けられた

豊富な知識・交渉力に助けられた
人生ではじめての弁護士相談、依頼させていただきましたが、親切な対応していただきまして、ありがとうございました。無時に解決できてほっとしています。(事務員)さん、ありがとうございました。笠原先生の豊富な知識、交渉力に大変助けていただきました。1人で悩んでいた時期もありましたが、相談して、担当していただいて本当によかったと思ってます。この度の結果にも大変満足しています。本当にありがとうございました。

親切な対応に感謝しています

親切な対応に感謝しています
今回は大変お世話になりました。初めて相談させていただいた時からほぼ1年ですが、全く未来を思いだすこともできない状態からここまでこれたのは、松浦先生のお陰であり、どれだけ感謝しても感謝しきれません。田中さんも最初の書類提出だけでしたが、とても親切に対応していただき感謝しています。本当にありがとうございました。最後になりますが、皆様のご多幸とますますのご発展をお祈りしております。

急な土曜日の相談にも丁寧なご対応

急な土曜日の相談にも丁寧なご対応

とても有名な法律事務所様なので、私のような者の問題では軽くあしらわれているのではないかと、少し不安に思っていました。でも、初めての電話を受けていただいた方が、とても親身に話を聞いてくださり、週末にしか相談に伺えないことや解決を急いでいることなど、希望に伺えないことや解決を急いでいることなど、希望に寄り添っていただき、とても安心しました。

蔦尾先生には、急な土曜日の相談にご対応いただき、ありがとうございました。しっかりと話を聞いてくださった上で、状況をお察しくださり、メンタル面でも費用面でもご配慮いただき感謝いたしております。平日はなかなか時間内に電話ができず、メールでのやり取りとなりましたが、とても丁寧にご対応いただきました。思いがけない解決金で早期に解決に至り、とても満足しています。弁護士さんにお願いするというのは、敷居が高いものと感じていましたが、安心してお任せすることができました。本当にありがとうございました。

とても心強かった

とても心強かった
弁護士の先生、とてもわかりやすく説明してもらったり、裁判の進み方などが不安なく参加することができました。とても心強かったです。ありがとうございました。 事務員さん、いつもていねいに要点をまとめて連絡してもらい、とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

解決事例

夫婦共有の自宅について

夫の暴力・暴言に耐えられないので離婚したいが応じてくれない。調停を申し立てたが夫が出廷しない等し、話が進まないので弁護士に介入してほしいと来所。
弁護士が交渉したところ、離婚には応じるとのことであったが、夫婦共有の自宅があり、双方が住宅ローンについて連帯債務者になっているため、この処理が問題となった。夫が住むことになるため、他に保証人を立てるなどして妻を連帯債務者から外すよう交渉したが、話が進まず、調停を申し立てた。
その後、夫が保証人を立てることになり、債権者からも妻を連帯債務者から外すことについて同意が得られたため、調停を成立させた。

■弁護士コメント
依頼者を連帯債務者からはずすためには夫の協力が不可欠であったが、調停委員とともに夫を説得し、新たな保証人を立てることができ、無事依頼者を連帯債務者から外すことができた。

夫の不貞行為の相手に対し慰謝料を請求

相談者の夫が勤務先の女性と不貞関係にあることが発覚したため、不貞相手の女性に対し、慰謝料を請求したいとしてご相談に来られた。
そこで、当該女性に対し、不貞行為についての慰謝料として200万円を請求し、交渉の結果、100万円を支払うことで示談が成立した。

不倫相手に対し慰謝料請求 80万円で示談成立

夫が不倫をしている。不倫相手に対して慰謝料請求をしたいとのことで相談に来られた。
不倫相手に対し、内容証明郵便にて慰謝料を請求。その後、相手方代理人を通じて交渉。80万円の支払を受けることで示談が成立した。

■弁護士コメント
不貞行為についての証拠がやや不十分であったこと、依頼者も訴訟提起を望まなかったことなどから、示談による解決とした。

夫婦関係調整(離婚)・婚姻費用分担調停

妻から離婚調停を申し立てられた。離婚自体は合意しているが、財産分与や慰謝料について、住宅ローンの支払いや退職金の精算と含めて調停で話し合いたいと来所された。
基本的には依頼者の希望どおり、最終的に慰謝料を住宅ローンの支払いに代えることで調停が成立した。

■弁護士コメント
相手方が、依頼者の提案を心情的になかなか受け容れてくれなかったが、依頼者ができる限り相手方の希望に添えるように努めたことで、時間はかかったものの調停を成立させることができた。
相手方は住宅の取得と慰謝料を希望していたこと、依頼者に慰謝料を支払う意思があったことから、慰謝料の支払いを住宅ローンの支払いにより行うことにした。

相手方から親権者変更調停の申立

離婚の時、依頼者(子らの父親)が親権者、相手方(子らの母親)が監護権者となり、離婚後、相手方が子らと同居し子らを監護していたところ、相手方から親権者変更調停の申立がありました。親権者である依頼者が子らと同居し子らを監護するという内容で、調停外で合意しました。

特設専門サイト

特設専門サイトでは、より詳しくご説明していますので、ご覧ください。

専門サイトの内容

女性弁護士3名所属!離婚・男女トラブルの専門サイト

女性のための女性弁護士はこんな人です

弁護士等紹介の一覧