相続でお悩みの方へ

人は必ず亡くなる日がきます。そのため誰しも相続の問題を避けて通ることは出来ません。

ある日訪れる自分の、あるいは身内の死に対して皆様は
十分な準備が出来ているでしょうか。

また、すでに相続に直面している方は
現状を正しく認識して、これからの遺産分割手続についてはっきりとしたイメージをお持ちでしょうか。

チームリーダー弁護士からの一言

Youtube動画のサムネイル画像
山下江法律事務所では、相続問題の解決に力を入れています。相続でトラブルが発生したときはもちろんのこと、ご自身が亡くなったあとのことについてもお気軽にご相談ください。

遺言について

相続で紛争が発生するのはお金持ちだけの話ではありません。

仲の良かった兄弟が相続を境に険悪な関係になってしまうことは珍しくありません。

どの遺産を誰に継がせるのか、どのように継がせるのか、これらの問題は生きている間から家族で十分に話合い、最終的には遺言を遺しておくことが非常に大切です。

相続放棄について

相続ではプラスの資産を遺してもらうとは限りません。相続では被相続人に負債があればそれについても引き継いでしまいます。

原則3ヶ月という期限内に相続放棄を行えば
負債を引き継がないことが可能です。

そこで、プラスの財産と合わせてマイナスの負債についても相続するか、あるいは相続の放棄を行うか、慎重に検討する必要があります。

遺産分割について

遺産分割は、遺言があるときにはそれに基づいて、遺言がないときは相続人全員による話合いにより行います。

その過程で、遺言が有効か無効か、誰が相続人なのか、遺産の範囲に含まれる財産は何か、個々の遺産の価値をどう評価するのか、生前に遺産の前渡しを受けた者はいないか、財産の維持に貢献した相続人はいないか、誰がどの遺産を取得するのか、といったことが問題となります。

これらの諸問題を広く見渡して
相続人間で話合いを行うことは非常に大変です。

山下江法律事務所では、相続問題について相続チームを作り、相続事件についての研鑽を重ね、税理士や司法書士などの外部の専門家などとも交流を重ねております。

当事務所では、相続にまつわる遺言、相続放棄、遺産分割といった諸問題に関してお悩みの方に対し、
無料相談を実施しております。 是非お気軽にお問い合わせください。

相続の注意点

相続に関して注意しなければならないことは、プラスの財産を遺してもらえるというばかりではないことです。

マイナスの財産しか遺してもらえない、あるいは清算の結果、マイナスの財産しか残らないという場合に、マイナスの財産は引き継がないで済む相続放棄という制度があります。

以上のことから、賢明な選択が求められます。

相続・遺言に関するご案内パンフレット

依頼者の声

粘り強く交渉いただいた

粘り強く交渉いただいた

相続の話がまとまるまで、 長い時間がかかりましたが、加藤先生には粘り強く交渉いただき、障害のある母も私も大変助かりました。話がまとまったことに対しても感謝しておりますが、所々で生じた案件、心配事に対して、その都度丁寧に対応していただき、精神的に支えていただいたことに大変感謝しております。誠にありがとうございました。

色々なアドバイスを頂き、本当に助かりました《60代 女性》

色々なアドバイスを頂き、本当に助かりました《60代 女性》

初めて法律の専門の方に依頼いたしました。どうしていいものやら、右も左も解らない状態を、先生のこれまでの経験からでしょう、色々なアドバイスを頂き、素人の私共には本当に助かりました。今まで、まっとうに人生を歩んできたつもりが、ある日・・・突然・・・裁判所に呼ばれたら・・・・あっけにとられるのと同時に怒りがこみ上げ・・・本当に腹立たしく・・・・考えに考えた挙げ句、法律の専門の方に御相談しようと思いました。一般的に普通に生活をしている場合・・・法律には縁がないと思います。ぜひともこの様な方達の御力添えをして頂きたいと思います。※これまでの御力添え・・・心より感謝しております。本当にありがとうございました。

誠実にできる限りのことをして頂き、ありがたかったです《50代 女性》

誠実にできる限りのことをして頂き、ありがたかったです《50代 女性》

松浦先生、法律上の具体的な解決のみならず、はっとしたり、考えたりすることも多かったです。法律の背景にある人間観や世界観も、少し学んだ気がします。ありがとうございました。事務員様、ていねいで分かりやすい対応でした。少々無理をお願いした時もありましたが、誠実にできる限りのことをして頂き、ありがたかったです。ありがとうございました。

調停当日の心遣いはずっと忘れません《30代 女性》

調停当日の心遣いはずっと忘れません《30代 女性》

 

10月より体調をくずし、入退院をくり返しご迷惑をおかけしてすみませんでした。お電話いただいていたのに返信できずすみません。先生のおかげで家のことがとりあえず片付き、本当にお世話になりました。調停当日の心づかいはずっと忘れません。本当に何と言ってよいか分からないくらいにお世話になり、心配りをいただきました。こんな私のために奔走して下さりありがとうございました。先生のように強く機知に富む女性になりたいと思います。本当にありがとうございました。

解決事例

相続した借金の整理

息子が亡くなった後、遺品を整理をしていたところ、貸金業者のローンカード・明細が出てきた。負債があるかもしれないので調査してほしいと来所された。
信用情報機関に照会をかけ、負債の調査をした結果、2社に負債があった。
受任通知を発送し、分割払いの交渉を行った結果、1社は将来利息カット、分割払いで和解が成立した。もう1社は、相続人に相続されない内容の契約内容だったため、債権債務なしの和解書を取り交わした。

【弁護士のコメント】
相続を放棄するという手段もありましたが、息子の借金は支払いたいとのご希望により、分割返済の方向で債権者と交渉しました。

相続手続きをするため、特別代理人になってほしい

父の相続手続きをしたいが、相談者が母親の後見人に就いているため、母親の分の押印ができない。金融機関から母親の特別代理人を選任して相続手続きを行うよう助言されたので、特別代理人になってほしいと相談に来られた。
家庭裁判所に当事務所の弁護士が特別代理人に選任されるよう申立をした結果、選任された。
相続手続き書類に母親の特別代理人として署名押印し、手続きは無事完了した。

【弁護士のコメント】
ほんとうにちょっとした手続をしたいだけなのに特別代理人を選任しなければならないという事案でした。やはり生前にしっかりとした遺言書を残す必要があると感じました。

対立している弟の任意後見監督人選任申立が却下になった

認知症状の見られる母親の財産管理をめぐり依頼者は弟と対立している。
依頼者の弟は母親を連れて公証役場に行き、任意後見契約を結ばせているのでどのようにしたらよいかと来所。
法定後見の申立を行い、後見開始の審判を得て第三者の弁護士が後見人となり、母親の財産を管理するようになった。
弟が起こした任意後見監督人選任申立は却下された。 

【弁護士のコメント】
任意後見契約と法定後見のどちらを優先させるべきかという珍しい事案でした。
兄弟間での対立が激しく、また任意後見契約当時の判断能力に疑問があることなどが法定後見を優先させる判断につながったものと思われます。

遺留分減殺請求訴訟

依頼者の妻の母が死亡。相続人は依頼者の妻。しかし、その財産について家族以外の人に譲る旨の公正証書遺言があった。妻の母死亡後、唯一の相続人だった依頼者の妻も亡くなったため、依頼者とその子供二人が相続。当事務所介入後、遺留分減殺請求訴訟を提起。当事務所が代理人として訴訟した結果、相手方が依頼者の子2人にそれぞれ650万円ずつ支払う内容で和解した。

【弁護士コメント】
依頼者は、自分で使うために金銭が欲しかったわけではなく、子にできるだけ財産を残したいという気持ちが強かったため、子が和解金を受け取る形で和解しました。

遺留分減殺請求と遺産分割の調停手続

父親が亡くなった後、母親が亡くなったが、遺産分割を行っていない。父親は「弟に全財産を相続させる」という遺言書を残しており、相続人は依頼者を含む兄弟3人。父親の相続について弟への遺留分減殺請求及び母親の相続について遺産分割協議をしたいと相談に来られた。
当方にて金融機関へ遺産調査した上で、遺留分減殺請求調停及び遺産分割調停を申し立て、相手方(弟)より約400万円の支払いを受ける内容で調停が成立した。

【弁護士コメント】
父親の相続に関して、母親の分についても遺留分減殺請求を行った上で、調停で父親の相続に関しての遺留分減殺請求、母親の相続に関しての遺産分割協議をまとめて協議しました。調停では、不動産の評価、相続開始前後の預貯金口座からの出金の扱いなどが争点となりましたが、双方一定の歩み寄りにより、早期に調停が成立しました。

特設専門サイト

特設専門サイトでは、より詳しくご説明していますので、ご覧ください。

専門サイトの内容

認定を受けた相続アドバイザー・上級アドバイザーが
相続手続全般のご相談・サポートを行っております。

弁護士等紹介の一覧