交通事故問題でお悩みの方へ

不幸にも交通事故に遭われたみなさま、大変なご苦労をされていることと思います。

 交通事故に遭った場合に、被害者が加害者に対し、損害賠償請求を行うことは、被害者の当然の権利です。しかしながら、被害者の方が本来賠償してもらうべき金額を全額支払ってもらえているかというと、そうではないのが現状です。

 賠償金額を決める段階においては、すっかり疲れ切ってしまい、「面倒だからこのくらいの金額で良いか」と、保険会社の提示額に一時的にはご納得されるかもしれません。

 しかし、保険会社から提示される金額は、
本来賠償されるべき金額よりも低いことが多いのです。

 後悔しないように、示談に応じる前に専門家にご相談されることをお勧めいたします。

チームリーダー弁護士からの一言

Youtube動画のサムネイル画像
当事務所では、交通事故チームにおいて、交通事故の事例を検討して有益な情報を共有するなどして研鑽を積んでいます。安心してご相談ください。

ご相談のタイミングについて

山下江法律事務所では、交通事故に遭われた場合、事故後、なるべく早い段階で弁護士にご相談なさることを強くお勧めしております。

 示談をする段階(症状固定の段階)にならないと、弁護士に相談しても意味がないと思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、早期に弁護士へ相談されることにより、
事故後の適切な対応や、適切な通院方法、後遺症が残ってしまった場合の等級認定に関するアドバイスなどをすることが可能となります。

 また、弁護士に委任すれば、その後の保険会社との交渉を弁護士に任せることができるため、治療に専念することができます。

交通事故チームついてご紹介

山下江法律事務所では、交通事故チームを結成し、交通事故案件の情報を分析・研究しています。

 得られた知識や有益な情報を所員全体に共有することにより、案件を担当した弁護士のみにノウハウが蓄積されるのではなく、
所員全体のレベルアップを図っています。

詳しくは「交通事故チームリーダー弁護士からのメッセージ」をご覧ください。

最後に

山下江法律事務所では、適切な賠償金を取得できるよう、ご依頼者さまに寄り添い、少しでもお役に立ちたいと考えています。

少しでも不安なことがありましたら、お気軽にご相談ください。

ご相談をご希望の方は「ご相談の流れ」をご覧ください。

依頼者の声

敏速な対応と慰謝料に大変満足

敏速な対応と慰謝料に大変満足

今回は敏速な対応をしていただきありがとうございました。
事故の大きさ等を踏まえても、今回の慰謝料は大変満足しています。
今後も御社の発展を願っております。

じっくり時間を取って聞いていただいた

じっくり時間を取って聞いていただいた

田中先生、この度は本当にありがとうございました。
事故後、何をどうしていいのか分からないなか、一つずつ丁寧にご説明いただき、又、私たちの話をじっくり時間を取って聞いていただいたうえでの結果なので大変満足しております。
日常生活のできる程度のけがで済んだとはいえ、今後の生活に不安があるのも確かです。私たちだけでは今回の結果を得ることは容易ではなく、先生にお願いして本当に良かったと思っております。
ご面倒も多々おかけしました。本当にいろいろとありがとうございました。

治療時から交渉まで引き受けてもらった

治療時から交渉まで引き受けてもらった

この度は大変お世話になりました。
追突事故にあい、治療をうけておりました時、空いて保険会社から治療期間の期限を切られ不満をいだき、ワラにもすがる思いで弁護士事務所を訪れることにしました。
相談した久井弁護士は、私の不満をご理解くださり、その相手保険会社との交渉を引き受けていただき、大変心強く、お願いして良かったと感謝しております。
また、終始、丁寧な対応と示談にむけて尽力をつくしていただき感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。

ホッとしてます。

ホッとしてます。

この度はお世話になりありがとうございました。
事故当時お腹にいた赤ちゃんも無事生まれホッとしてます。
また何かありましたらよろしくお願いします。

解決事例

追突事故 訴訟を経て約400万円の賠償金を受け取った

直進中、前を走っていたトラックが突然停車したため、続けて停車していたところ、バックランプが点いたので、驚いて相談者もバックしようと後ろを振り返った時に逆突された。
加害者が傷害との因果関係を争ったため、加害者側の任意保険会社が対応してくれず、自賠責保険に対して被害者請求を行って後遺障害14級9号の認定を得た上で、自賠責保険を超える部分について訴訟を提起した。
その結果、当方の主張をほぼ認める判決を得ることができた。総額で約400万円の賠償金を受け取ることができた。 

■弁護士のコメント
症状固定日についても争われたため、担当医に協力を求め、回答書を作成してもらい証拠として提出しました。その結果当方が主張する日が症状固定日と認められました。

事故治療中に事故に遭い、同じ部位を再度痛める。賠償金約100万円で和解。

事故治療中(首を痛めた、当方過失2割)に事故に遭い、同じ部位を痛めた。
依頼者過失0。その後の治療は再度事故の保険で対応となった。
訴訟を検討したが、後遺障害認定が難しいため、交渉にて賠償金約100万円で和解をした。

■弁護士のコメント
資料を検討し、訴訟提起しても賠償金額の増額がそれほど期待できないと判断したので、依頼者と相談の上、示談により早期の解決を図ることにしました。

通勤中の交通事故 賠償金1000万円で示談成立

依頼者は通勤中に交通事故に遭ったため、後遺障害認定などについて、保険会社との交渉を当事務所に依頼。
当事務所の交渉により、依頼者がすでに受け取っていた額約280万円に約720万円増額、約1000万円で示談が成立した。
なお、弁護士費用については、依頼者が加入していた自動車保険に弁護士費用特約が付いていたため、依頼者自身の負担は無かった

保険会社が提示した症状固定日を見直し、休業損害・慰謝料を増額

依頼者は、症状固定の時期について、相手方保険会社と折り合いが付かないと相談にこられた。仕事が忙しいため、弁護士に交渉をしてもらいたいとの依頼があり、当事務所で受任した。
当事務所は、当初保険会社が主張していた症状固定日に対し、依頼者がそれ以降も通院していたことから、その1ヶ月半後を症状固定日と主張。その間の休業損害と、慰謝料の増額を希望。
交渉の結果、依頼者の希望通りの金額で示談成立
依頼者への休業損害・慰謝料は約50万円増額し、弁護士が介入することにより時間的・精神的負担も軽減された。

物損事故 無過失を主張する相手方に、3割の過失を認めさせ和解成立

見通しがいいセンターラインのないカーブでの車同士の接触事故(物損のみ)。相手方は無過失を主張し、訴訟提起してきたが、依頼者の代理人として、当事務所からも別訴を提起。結局過失割合3:7で裁判上の和解が成立。相手方に3割の過失を認めさせた結果、相手方に支払うべき金銭が約2万円にとどまった。

特設専門サイト

特設専門サイトでは、より詳しくご説明していますので、ご覧ください。

専門サイトの内容