不動産に関するトラブルは誰もが人生で一度は経験すると思います。

簡単なようで難しい、不動産に関するトラブルは弁護士に相談し早急に解決することが賢明な処置です。

お困りの方へ

不動産を巡るトラブルは、多くの方が一度は経験するトラブルの1つです。

こんな時は、弁護士に相談下さい

  • 更新を拒絶して借主に出て行ってもらいたい。
  • 貸主から更新を拒絶するので出て行ってくれと言われている。
  • 地代や家賃を滞納しているが、滞納している地代や家賃を支払ってもらい出て行ってもらいたい。
  • 借りている土地や建物を勝手に他人に売却したり貸したりしているので、出て行ってもらいたい。
  • 賃料の値上げや値下げをしてもらいたい。
  • 賃貸借契約を締結したいが、原状回復義務や修繕義務について相談したい。
  • 建物を一定期間だけ貸すが、期間満了時には確実に建物を返してもらいたい。
  • 土地を一定期間だけ貸すが、期間満了時には確実に土地をかえしてもらいたい。
  • マンションの管理費を支払わない居住者がいるが支払わせることはできないか。
  • マンションの管理業者の管理費が高いが値下げを要求できないか。

依頼者の声

また何かあったらすぐ相談したいと思う

また何かあったらすぐ相談したいと思う

はじめての経験で不安な状態でしたが、対応や説明が大変満足のものでした。とても感謝しています。また何かあったら、すぐ相談をさせていただきたいと思います。

いつも穏やかに誠実に

いつも穏やかに誠実に
この度は、ご多忙中のところ大変お世話になりました。何時も穏やかに誠実に対応していただき、安心しておまかせする事ができました。無時に広島での新生活がスタートし、家族一同大変うれしく思っております。心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

一般市民の心強い味方

一般市民の心強い味方
弁護士さんをお願いするような事が起こらないように、私達の様な一般市民は、毎日を過ごしていますが、常識的な判断をしない身勝手な人々に対しては、相当の専門性を持った方々でないと無理だとつくづく感じました。山下江事務所の弁護士さんやスタッフの皆様のお陰をもちまして、思い通りの成果を得ることが出来ました。法律に弱い一般市民の力強い味方として、今後とも、正義と誠を尽くして頂きたく、感謝の言葉とともにお願い申し上げます。本当に有難うございました。

解決事例

給水管の劣化による漏水事故のトラブル

相談者はマンションを所有しており、貸室の一室の給水管の劣化によるとおぼしき漏水事故が発生。被害を受けた階下の居住者の代理人弁護士から内容証明郵便が届き、約200万円の損害賠償請求を求められたため、どうしたらよいかということで事務所へ相談にこられました。
受任後、当事務所が相手方の弁護士と交渉を重ねた結果、約45万円を支払うことで示談が成立しました。 


【弁護士コメント】
当初、当事者同士で話合った際には、相手方からは1000万円程度の損害賠償を要求されていました。双方が感情的になりかけていたところで両者に弁護士がつき、冷静な交渉を行うことができるようになりました。裁判になることも見据えながら妥当な額での和解を行うことで解決しました。

リフォーム工事トラブル

依頼者は、住宅リフォームを業者に依頼したが、依頼した内容とは異なる仕上がりになっていることや、指示した工事内容が雑であるなど、工事について様々な不満点があった。業者との間でリフォーム代金を510万円で合意しており、リフォーム代金についての支払については、銀行からの融資をすでに取り付けているが、リフォーム代金をこのまま支払うのは納得できないと、相談に来られました。示談交渉を受任し、住宅リフォーム業者と交渉の結果、リフォーム代金を510万円から400万円に減額することに成功しました。(18)【コメント】 弁護士が介入することで、リフォーム代金の減額に成功するとともに、裁判を回避して早期の解決に持ち込むことができた事例といえます。

騒音問題 1

マンションを所有する依頼者は、騒音を理由に相手方から2000万円を超える損害賠償請求訴訟を起こされ、山下江法律事務所にご相談にいらっしゃいました。後日、相手方は、同マンションの居住者にも、同マンションからの退去と予備的に数百万円の損害賠償を求める訴訟を提起しました。当事務所はご依頼を受け、依頼者と同マンションの居住者の訴訟代理人として弁護活動を行いました。判決では、依頼者に対して数十万円の支払義務、居住者に対して200万余りの支払義務が認められたものの、居住者は引き続き同マンションに居住できることになりました。【コメント】 相手方の請求額が過大であったとも思われますが、当事務所の弁護士が訴訟代理人として弁護活動を行った結果、依頼者らの支払義務が上記金額に止まりました。

騒音問題 2

マンションの1階を所有している依頼者が、同物件をある団体に賃貸していたところ、騒音、振動や悪臭などの苦情がもとで、マンション管理組合と同団体がトラブルとなり、依頼者と同団体がマンション管理組合から同物件の使用差し止めの訴訟を起こされ、山下江法律事務所にご相談にいらっしゃいました。当事務所はご依頼を受け、依頼者の訴訟代理人として弁護活動を行った結果、管理組合の請求は認められず、依頼者は同物件を引き続き同団体に賃貸することができ、今後の賃貸収入を失わずに済みました。【コメント】 騒音、振動や悪臭などが改善されており、マンション居住者の受忍限度の範囲内であるとして、管理組合の請求が認められなかった事案です。

賃料支払請求、建物明け渡し請求(貸主)

所有する建物を店舗として賃貸している依頼者が、「借主が長期間賃料を滞納したままになっているが、どう対処したらよいのか分からない」と、山下江法律事務所にご相談にいらっしゃいました。当事務所はご依頼を受け、まず、借主とその保証人に内容証明郵便を郵送して、滞納賃料の支払いを求めるとともに、支払わなければ賃貸借契約を解除するとの通知を行いました。すると、借主から「滞納賃料については今後分割で支払っていくので、このまま建物を貸して欲しい」との連絡がありました。当事務所の弁護士は、依頼者の意向も踏まえて、今回は借主に建物からの退去を求めるのではなく、今後も借主に建物を賃貸することにしたうえで、滞納賃料の支払方法について借主と話を詰めることにしました。その結果、滞納賃料のうち30万円を借主から一括で支払ってもらい、残り(250万円弱)は今後の賃料に上乗せして分割支払いしてもらうことで、借主と和解することができました。【コメント】 弁護士が間に入って借主と交渉すると、このように比較的スムーズに解決できることもあります。

特設専門サイト

特設専門サイトでは、より詳しくご説明していますので、ご覧ください。

専門サイトの内容