広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

刑事事件でお悩みの方へ

誰でも、警察から、突然、「あなたのご家族を逮捕しました。」と連絡を受けたら、気が動転してしまうものです。

どうすれば良いのか分からず、途方にくれてしまう、というのも無理はありません。

しかし、逮捕された家族の力になれるのは、あなたしかいません。

まずは、ご家族の居場所、担当の警察を確認してください。何をするにも、居場所と担当が分からなければ動けません。

どこまでのことを教えてもらえるかどうかは事件の内容や担当者によりますが、少なくとも「何をしたのか」は教えてもらえる筈です。

その上で、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。

そして、できるだけ早い段階で、面会することです。逮捕されたご家族は、不安と孤独のうちにある筈です。

場合によっては、不安のあまりに家族や友人が自分のことを見放してしまったのではないかと感じてしまい、冤罪に繋がることすらあります。

家族がすぐ動いてくれるだけでも、心が落ち着くものです。

何人も、有罪の判決が確定するまでは、「犯罪者」ではありません。

本来、「被疑者」と「犯罪者」は違いますが、日本の捜査機関はこれらを混同して、行き過ぎた行為をしがちです。

このような行き過ぎた行為を防ぎ、被疑者の人権を守ることは、弁護士の使命です。

また、実際に、犯罪行為を犯した場合でも、刑罰の軽減を図ったり、被害者との間で示談交渉を成立させることが出来る場合もあります。

ご家族が逮捕されたり、刑事事件でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

弁護士をつけるメリット

逮捕されたり、勾留されている段階で弁護士をつけた場合、弁護士は被疑者やご家族等の関係者と面会し、被疑者のために活動することができます。

この段階で弁護士をつけない場合、被疑者は孤立してしまいがちです。ご家族や関係者も、被疑者を信じて、助けをしてあげたくても、何をしてあげれば良いのが分からない、という状況が良く見られます。昨今の報道でも明らかなように、逮捕された状態での取調べは想像以上に厳しいものなので、被疑者は自分がやってもいないことを認めてしまうことすらあるのです。

その点、弁護士をつけた場合、弁護士は法律の専門家として、被疑者と面談して情報を得ながら、捜査機関の強引な捜査や勘違いに対して、是正のアピールを行ったり、被疑者に捜査の見通しや今後の対応方法等を被疑者にアドバイスしながら、被疑者の精神的な苦痛を和らげ、気丈でいられるようにサポートすることができます。

不当な逮捕や勾留から被疑者を解放することができる

弁護士は警察官に対して、被疑者を解放するように要請することができます。

弁護士から要請があれば、警察官は再度、逮捕や勾留の要件が満たされているかを検討することになりますので、不当な逮捕や勾留であれば、被疑者を解放することになります。

また、勾留決定に対して、準抗告して、裁判官に対して勾留の不当性を主張したり、勾留後に検察官に早期釈放を求めて要請したり、裁判所に勾留の取消しや執行停止を求めることも可能です。

刑事裁判に備えて準備活動をすることができる

起訴後に弁護士をつけた場合、裁判の準備は起訴状が到達してから第1回公判期日までの限られた時間で行わなくてはなりません。

その点、逮捕されたり、勾留されている段階で弁護士をつけると、裁判の準備に十分な時間をかけることができます。

被害者に対して賠償交渉を行うことができる

犯罪後に被害者に対しいかなる弁償ができたかは、起訴・不起訴の判断や裁判となったときの刑罰(判決)の重さに大きな影響を与えます。

身柄を拘束されている被疑者や被告人が、被害者との間での弁償交渉を行うことはできませんし、身柄が拘束されていなくても、犯人(加害者)自らが被害者と被害弁償交渉を行おうと思っても、被害者が応じることは困難な場合がほとんどです。 弁護人たる弁護士であれば、被害者は被害弁償について、交渉に応じてくれる余地があります。被害弁償を実現するためにも、弁護士を選任すべきと思います。

被疑者を精神的にサポートすることができる

上にも述べましたように、被疑者の心が折れてしまわないように、精神的なサポートができることも、弁護士をつける大きなメリットの1つだと言えます。

特に、接見禁止によって家族と面会できない場合は、弁護士が被疑者の唯一の便りとなりますので、よりその意味は大きいといえます。

広島市・呉市・東広島市でご相談できます

広島本部

広島本部長: 田中伸

広島本部へのアクセス

呉支部

呉支部長: 宮部明典

呉支部の特設ページ

東広島支部

東広島支部長: 小林幹大

東広島支部の特設ページ

依頼者の声

出逢いに感謝

出逢いに感謝
謹啓 先生におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 昨年は大変お世話になり深く感謝申し上げます。先生には本年も良き年でありますようご祈念申し上げます。さて、依頼者は昨年に移送され、刑務官に評価され、炊事担当になり、入所時の級も1つ上がっています。満期は  の予定ですが、一日も早く仮釈放されるよう努力していくと言っております。先生には本当に依頼者のことを心配していただき心より感謝申し上げます。先生や多くの方々の出逢いに感謝し、一日も早い社会復帰できますようがんばることを誓っております。末筆になりましたが、先生、ご家族、事務所のみなさまのご健康とご多幸をご祈念申し上げます。

解決事例

2010年~2012年の3年間に集結した刑事事件解決事例

当事務所で受任し,2010~2012年の3年間に終結した刑事事件数は381件(うち,少年事件は39件)

読み名 罪名
横領
覚せい剤取締法違反
貸金業法違反
火薬類取締法違反
監禁・恐喝
危険運転致傷
器物損壊
偽造有印公文書行使
強制わいせつ
強制わいせつ致傷
強盗殺人未遂
強盗致傷
恐喝
恐喝未遂
業務上横領
軽犯罪法違反
現住建造物等放火
建造物侵入
建造物損壊
強姦
公正証書原本不実記載幇助
公務執行妨害
詐欺
殺人
殺人未遂
死体遺棄
司法書士法違反
児童買春
児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反
児童福祉法違反
自動車運転過失傷害
自動車運転過失致死
自動車損害賠償保障法違反
集団強姦
出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律違反
住居侵入
傷害
傷害致死
常習累犯窃盗
窃盗
窃盗未遂
組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律違反
大麻取締法違反
電磁的公正証書原本不実記録・同供用
道路運送車両法違反
道路交通法違反
売春防止法違反
非建造物等放火
広島県漁業調整規則違反
不正競争防止法違反
不実記載公正証書原本行使幇助
暴力行為等処罰に関する法律違反
麻薬及び向精神薬取締法違反
有印公文書偽造・同行使
わいせつ図画販売被疑事件
わいせつ電磁的記録記録媒体陳列


A 被疑者段階で受任し不起訴となった案件の例(クリックすると拡大します▼) 被疑者段階で受任し不起訴となった案件の例

B 起訴された案件の例(クリックすると拡大します▼) 少年事件の案件の例

C 少年事件の案件の例(クリックすると拡大します▼) 被疑者段階で受任し不起訴となった案件の例

特設専門サイト

特設専門サイトでは、より詳しくご説明していますので、ご覧ください。

専門サイトの内容