相続・遺言についての相談料無料

交渉・調停・裁判の着手金と報酬金

遺産分割で争いがある場合、交渉・調停・裁判になります。その場合の着手金と報酬金は以下の通りです。

経済的利益着手金(税別)報酬金(税別)
~300万円8%(最低20万円)16%
300万円~5% + 9万円10% + 18万円

経済的利益の算定基準

  • 遺産分割事件
    対象となる相続分の時価相当額。

  • 遺留分減殺請求
    対象となる遺留分の時価相当額。

  • 算定不能の場合は、800万円とする。

注意事項

  • 交渉から調停、交渉または調停から訴訟を受任するときは、当初の着手金の2分の1の着手金が発生します。
  • 訴訟では、審級ごとに着手金が発生しますが、第一審での着手金の2分の1となります。
  • 報酬金は、裁判が確定した最後の1回のみ発生します。
  • 事件の内容により増減額することができるものとします。

交渉・調停・裁判の着手金と報酬金を簡単に概算できます!

万円
万円
万円

目次へ戻る

遺産分割協議書作成

遺産分割で争いがない場合は、遺産分割協議書の作成をいたします。作成手数料は以下の通りです。

経済的利益弁護士報酬(手数料・税別)
~300万円10万円
300万円~1% + 7万円

経済的利益の算定基準

  • 遺産分割協議書作成経済的利益とは、遺産総額です。

注意事項

  • 当事務所で戸籍を取り寄せる場合は、別に実費がかかります。
  • 自動車等の動産や不動産の名義変更手続きなど、遺産分割協議書作成以外の依頼には別途費用がかかります。

遺産分割協議書作成の手数料を簡単に概算できます!

万円
万円

目次へ戻る

遺言トータルサポート

遺言書作成

分類経済的利益手数料(税別)
定型関係なし10万円~20万円
非定型(基本)~300万円20万円
非定型(基本)300万円~1% + 17万円

経済的利益の算定基準

  • 遺言書作成の経済的利益とは、遺産総額です。

注意事項

  • 特に複雑・特殊な場合は、依頼者との協議により定める金額です。
  • 公的証書に関する場合は上記手数料 + 5万円

遺言書作成手数料を簡単に概算できます!

万円
万円

遺言の執行

経済的利益手数料(税別)
~300万円30万円
300万円~2% + 24万円

経済的利益の算定基準

  • 遺言執行の経済的利益とは、遺産総額です。

注意事項

  • 特に複雑・特殊な場合は、受遺者との協議により定める金額です。
  • 遺言執行手数料とは別に裁判手続きがある場合は、別に弁護士報酬が発生します。
  • 遺言書に、当事務所所属弁護士を遺言執行人として記載したときは、当初手数料として、5万円いただきます。
  • 遺言執行時における名義変更などついては別途申し受けます。

遺言執行手数料を簡単に概算できます!

万円
万円

目次へ戻る

相続放棄手続きサポート

放棄者1人につき5万円~(税別)

認定を受けた相続アドバイザー・上級アドバイザーが
相続手続全般のご相談・サポートを行っております。

弁護士等紹介の一覧