広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

不貞行為相手の夫から慰謝料請求された

不貞行為相手の夫から慰謝料請求をされたため当事務所に相談に来られた。
当初300万円を請求する内容の訴訟を起こされていたため、応訴について受任した。
当事務所にて訴訟外、裁判期日での交渉を重ね、150万円を分割して支払う内容で訴訟上の和解をした。

【弁護士コメント】
不貞行為を否定することは難しかったため、無理なく支払えるような分割案で合意が成立するように努力した。

不貞行為相手の夫からの慰謝料請求

依頼者は、相手方の妻と不貞行為を行っており、そのことについて相手方から慰謝料300万円を請求されていた。相手方には弁護士が付いており、途中までは依頼者本人で交渉をしていたがどうにもならなくなり、当事務所へ示談交渉を依頼。
相手方代理人弁護士と示談交渉をした結果、100万円減額の200万円で示談が成立した。

妻から夫へ 不貞行為に対する慰謝料請求

夫の不貞行為が発覚。離婚話が持ち上がったが、夫は事実を認めず誠意が見られなかったため、当方に相談に来られた(相談後に離婚は成立)。
夫の不貞行為相手に慰謝料請求の内容証明を送付したが、不貞行為の事実を認めないので、夫と不貞行為相手に訴訟提起(慰謝料請求)。
結果、相手方らが、和解金として200万円を支払うということで和解が成立した。

不貞行為の相手方に対し、損害賠償(慰謝料)を請求

妻の不貞行為が原因で、離婚調停をし、離婚が成立した。その後、元妻との不貞行為について、相手方に対して損害賠償請求をした。交渉では話がまとまらなかったため訴訟提起し、100万円で和解した。

妻の浮気相手に慰謝料請求 弁護士が和解書作成

相談者の妻が浮気をしていたので浮気相手に慰謝料請求をしたいとの相談。交渉の仕方を弁護士がアドバイスし、ご自身で交渉された結果、解決金250万円払ってくれることになった。和解書は弁護士に作成してほしいとのことで、弁護士が和解書を作成した。

夫の不貞行為発覚。離婚請求及び不貞行為の相手方へ慰謝料請求

依頼者は、夫の不貞が発覚したため、夫との離婚、及び夫と不貞行為の相手方に対し、慰謝料請求を行いたいと相談に来られた。
離婚調停及びその後の訴訟では、夫は不貞の事実を認めるものの、婚姻関係は破綻していないと主張。
訴訟の結果、不貞相手から100万円の慰謝料を取得することで和解。夫を説得し離婚が成立し、財産分与として3000万円を取得した。

妻の浮気。離婚協議書作成と不倫相手へ慰謝料請求

依頼者は、妻の浮気が原因で離婚がしたい、離婚の内容には大筋で合意しているが、弁護士に間に入ってもらった上で、合意書を作成してほしい。と、当事務所に来所された。
当事務所で離婚協議書を作成。
また、依頼者は妻の不倫相手へ慰謝料請求を求めており、当事務所の弁護士が、慰謝料額や和解内容で先方の代理人と交渉をした。
結果、先方は当初は30万円程度の和解金の提示だったが、交渉の末、合計200万円の支払いで合意した。

配偶者の不貞行為の相手方が、今後配偶者と一切接触をもたないようにして欲しい

依頼者は、配偶者が過去に不貞行為があったことが判明したが、婚姻を継続していくことを決意。ただ、今後不貞相手と配偶者が交際を復活させることがないよう予防策をとりたい。と当事務所に来所された。 当事務所の弁護士が不貞行為の相手方と交渉して、相手方が、今後一切配偶者と接触しない旨誓約するとともに、違反した場合には相談者に対して不貞行為の慰謝料100万円を支払うとの内容の誓約書を作成した。

元夫の不貞行為相手が、慰謝料支払いの判決に控訴

依頼者は、元夫の浮気により離婚し、浮気相手に慰謝料請求の裁判を起こした。一審は依頼者で対応し一部勝訴したが、相手方に控訴され対応が難しくなり、弁護士に依頼したいとのことで、相談に来られた。
当事務所で受任し、控訴棄却の判決を得た。相手方と交渉し、相手方から慰謝料の全額約200万円の支払いを得た。

夫から妻へ離婚請求の調停申立

依頼者は夫から離婚調停を起こされた。依頼者としても、離婚をやむなしと考えていたが、夫は以前から子どもの学費等の経済的な負担を妻に一方的に押しつけるところがあったため、今後の生活のことを考えて、きちんと支払ってもらうべきものを支払ってもらいたいと考えて、当事務所に依頼。
財産分与の対象となるめぼしい財産はほぼオーバーローンと思われるマンションしかなかったが、これまでの家計への依頼者の寄与度について相手を説得し、270万円の解決金の支払い、年金分割(按分割合0.5)、マンション売却後の残ローンは夫が負担するという内容で、協議離婚が成立した。

妻からの離婚請求。夫の不貞。

依頼者は、子ども2人の親権と養育費、夫の不貞行為について慰謝料を請求したいと来所。
当事務所で離婚調停を申し立てたところ、子どもの親権を妻が得ること、養育費を月6万円ずつ支払うこと、慰謝料300万円を支払うことで調停が成立した。

婚約破棄による慰謝料請求

依頼者は、結納を行い、結婚式の日取りも決まっていたが、婚約破棄された。
慰謝料請求したいと相談に来られた。
話し合いでは解決しなかったため裁判を提起した。
相手方から解決金として150万円を受け取る内容で和解をした。

夫から妻の浮気相手への慰謝料請求

依頼者の妻が3年ほど前から浮気している。浮気相手に対して慰謝料請求をしてほしいと来所。
不貞行為の証拠がある程度そろっており、訴訟をして勝ち目があるという見通しの中、相手方に対して強気で交渉。
相手方から不貞行為という文言を示談書の中には記載しないことを条件に、慰謝料300万円を支払うことを提示され、依頼者も納得して和解が成立。
依頼者は慰謝料300万を得るとともに、浮気されたことによる被害感情の一部を回復した。

不貞関係にあった相手の元配偶者からの慰謝料請求

依頼者は、以前不貞関係にあった男性の元妻の代理人弁護士から、当該不貞行為が離婚の原因として慰謝料200万円を請求する内容証明が届いたがどうすれば良いか、と来所された。
相手方代理人弁護士と交渉を重ね、50万円減額の150万円を支払うということで示談が成立した。