広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

B型肝炎訴訟の給付金額一覧

条件を満たせば、国から症状に応じて50万円~3,600万円の給付金が支給されます。この給付金は、病状に応じてあらかじめ定められた金額の給付金が国から支給されます。その他にも、弁護士費用の補助や検査費用などの支給もあります。

病状別の給付金額一覧

死亡・肝ガン・重度の肝硬変

死亡後または発症後20年を経過していない場合
給付額3,600万円
死亡後または発症後20年を経過している場合
給付額900万円

軽度の肝硬変

発症後20年を経過していない場合
給付額2,500万円
発症後20年を経過していて、
現に治療を受けている場合等
給付額600万円
それ以外の場合
給付額300万円

慢性肝炎

発症後20年を経過していない場合
給付額1,250万円
発症後20年を経過していて、
現に治療を受けている場合等
給付額300万円
それ以外の場合
給付額150万円

無症候性キャリア

感染後、20年を経過していない場合
給付額600万円

 

感染後、20年を経過している場合
給付額50万円 + 検査費など(※1)

その他の給付金

  • B型肝炎給付金請求訴訟にかかる弁護士費用として、上記給付金額の4%相当額

  • 特定B型肝炎ウイルス感染者であることを確認するための検査費用の一部

  • ※1 感染後20年を経過した無症候性キャリアの方には、次の検査費用なども支給されます。

    1. 慢性肝炎などの発症を確認するための定期検査費用

    2. 母子感染防止のための医療費

    3. 世帯内感染防止のための医療費

    4. 定期検査手当

Q. 給付金の受給後に病状が進行した場合は?

A. すでに支給された給付金との差額分を追加給付金として給付されます。一度受給したとしても、病状が進行した場合には、すぐにご相談ください。

弁護士費用(消費税別)

  • 相談料 30分5,000円
  • 着手金 無料
  • 弁護士報酬 15%(うち4%は国が負担するため、実質11%)
  • 弁護士に資料の取り寄せをする依頼する場合は、事実関係調査として手数料20万円
 
給付金請求には期限があります!2022年1月22日まで!
山下江法律事務所なら着手金無料です!まずはお気軽にお問合せください。
 
 
今すぐWEB予約をする

お問い合わせ

法律相談の場合には、ご予約の上、ご来所いただくことになります。
WEB予約をご利用ください。

今すぐWEB予約をする

当日、翌営業日の相談をご希望の場合は、お電話にてご連絡下さい。
お電話受付は、平日9時~18時、土曜日10時~17時で対応しております。

※メール、電話で法律相談のご回答はいたしかねます。あらかじめご了承ください。