広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

不貞行為の相手方に対し、損害賠償(慰謝料)を請求

妻の不貞行為が原因で、離婚調停をし、離婚が成立した。その後、元妻との不貞行為について、相手方に対して損害賠償請求をした。交渉では話がまとまらなかったため訴訟提起し、100万円で和解した。

妻の浮気相手に慰謝料請求 弁護士が和解書作成

相談者の妻が浮気をしていたので浮気相手に慰謝料請求をしたいとの相談。交渉の仕方を弁護士がアドバイスし、ご自身で交渉された結果、解決金250万円払ってくれることになった。和解書は弁護士に作成してほしいとのことで、弁護士が和解書を作成した。

妻の浮気。離婚協議書作成と不倫相手へ慰謝料請求

依頼者は、妻の浮気が原因で離婚がしたい、離婚の内容には大筋で合意しているが、弁護士に間に入ってもらった上で、合意書を作成してほしい。と、当事務所に来所された。
当事務所で離婚協議書を作成。
また、依頼者は妻の不倫相手へ慰謝料請求を求めており、当事務所の弁護士が、慰謝料額や和解内容で先方の代理人と交渉をした。
結果、先方は当初は30万円程度の和解金の提示だったが、交渉の末、合計200万円の支払いで合意した。

夫から妻の浮気相手への慰謝料請求

依頼者の妻が3年ほど前から浮気している。浮気相手に対して慰謝料請求をしてほしいと来所。
不貞行為の証拠がある程度そろっており、訴訟をして勝ち目があるという見通しの中、相手方に対して強気で交渉。
相手方から不貞行為という文言を示談書の中には記載しないことを条件に、慰謝料300万円を支払うことを提示され、依頼者も納得して和解が成立。
依頼者は慰謝料300万を得るとともに、浮気されたことによる被害感情の一部を回復した。