広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

不貞関係にあった相手の元配偶者からの慰謝料請求

依頼者は、以前不貞関係にあった男性の元妻の代理人弁護士から、当該不貞行為が離婚の原因として慰謝料200万円を請求する内容証明が届いたがどうすれば良いか、と来所された。
相手方代理人弁護士と交渉を重ね、50万円減額の150万円を支払うということで示談が成立した。