山下江法律事務所【広島-呉-東広島-福山-岩国】のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へ
ご相談ください。
<新型コロナウイルスに対する取り組み>初回相談無料!面談の他、電話相談・オンライン相談も可能です

同時廃止で破産手続

山下江法律事務所

依頼者 20代 男性
内容 自己破産
取引のある貸金業者数 6社
負債総額 2,000,000円
交渉結果
免責

相談に至った経緯・内容

10年くらい前に作った借金を放置していた。結婚を機になんとかしようと思い来所された。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

時効援用により多くの負債は支払う必要はなくなったが、債務名義を取られていた負債もあり、破産申立を実施しました。管財事件になる可能性もありましたが、丁寧に事情を説明して問題点がないことを裁判所に理解していただき同時廃止事件として処理されることとなりました。

古い借り入れについては時効援用で解決する場合もあります。時効が完成していないときは自己破産を検討することとなります。管財事件は破産の原則形態であり、管財事件で処理されることが悪いわけではないのですが、依頼者の負担を考えるとなるべく同時廃止事件で処理してもらいたいと思っています。

トップへ戻る

LINE
相続対策

イラスト
0120-7834-09相談予約専用なやみよまるく 9:00 - 18:00 ( 土曜 10:00 - 17:00 )アクセスウェブ予約