広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へ
ご相談ください。

2020/06/18

ニュース

<新型コロナウイルスに対する取り組み>初回相談無料!面談の他、電話相談・オンライン相談も可能です

相手も交えて今後について検討し、公正証書を作成

依頼者 40代 男性 会社員
相手方 40代 女性 パート
離婚理由 親への接し方について考え方に違いがある。
争点 ①相手方が離婚に同意していますか?
婚姻期間 12年
未成年の子 有り(中学生未満2人)

相談に至った経緯・内容

結婚以来、依頼者の妻は相談者の実家との折り合いが悪く、依頼者とその家族は離婚を望むようになりました。
妻も離婚に応じる気がないではないが、諸条件について話が進みませんでした。
そこで、依頼者は当事務所に相談に訪れました。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

妻にも当事務所にお越しいただき、弁護士を交えて3人で話し合いを行い、条件面について話を進め、公正証書に記載する内容を合意することができました。
相手の弁護士を目の敵のように思い、最初から不信感を持つ方も少なくないですが、今回の依頼者の妻はその点偏見はなく、私の話にきちんと耳を傾けて、フェアな提案だと理解してくれました。

関連する解決事例
関連するお客様の声