広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

養育費と財産分与

元妻から、養育費についての調停を相手方から申し立てられた。相手方は弁護士を付けているのでこちらも付けたいと来所。
養育費は、依頼者の給与減額を反映させた額で調停成立。
離婚時に未解決だった財産分与については、依頼者側から調停を申立てた。審判になったが、結果は、相手から約100万円の支払を受けることになった(依頼者が婚姻期間中の住宅ローン残債務を負い、共有財産が全体として債務超過だったことから、相手方名義の積極財産の範囲で分与が認められたもの)。

■弁護士コメント
債務超過(元夫側が債務を負い債務超過、元妻側は債務なしで資産超過)の場合に、元妻の資産超過分について元夫への分与が認められた案件です(審判確定)。

養育費について

離婚時に高額な養育費の約束をしてもらったが支払ってもらえなかったので相談に来所。
依頼者から調停を起こした。義務者も仕事を辞めるなどの事情もあったため,支払える限度で子ども1人につき4万円の養育費を払うことで調停成立した。

■弁護士コメント
離婚したいがためにできない約束をするケースに遭遇することがありますが、このケースもそうでした。最終的に落ち着いた養育費は相場以上の金額ではあったのですが、依頼者の希望は約束した金額だったので、依頼者にとっては不満の残る結果になりました。離婚時の約束は破られがちですから、真意を見極める必要があります。