広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

親子で個人再生の申立をし、マイホームを残すことができました

母親が住宅ローンを組んでおり、息子が連帯保証人になっている。母親も息子も住宅ローンの他に借入をしており、月々の支払いが厳しい。住宅を残して借金の整理をしたいがどうしたら良いかと相談に来られました。
母親と連帯保証人になっている息子共に個人再生で受任し、申し立てをしました。母親は住宅ローンを除く約930万円の負債を約180万円に圧縮し、返済期間5年で再生計画が認可されました。息子は住宅ローンを除く約1300万円の負債を約260万円に圧縮し、返済期間5年で再生計画が認可されました。そして、マイホームを残すことができました。

個人再生で1200万円の借金が325万円に減額 親と共同名義の土地建物を確保できました

趣味に費やしたお金と、単身赴任による生活費の増加で借金が膨らんでしまい、整理をしたいが、親と共同名義の土地建物があるので破産は避けたいとのことで来所されました。
約1200万円の借金が約325万円に圧縮され、弁済期間が5年で認可決定がでました。

小規模個人再生の申立で負債を5分の1に圧縮、マイホームを残すことができました

以前働いていた職場の給料が減少したため、借金の返済できない状態になった。住宅ローンを抱えており、マイホームを手放すことなく債務整理をできないかと相談に来られました。
個人再生で受任し、住宅ローンを除く約940万円の負債を約190万に圧縮し、返済期間3年で再生計画が認可され、マイホームを残すことができました。