広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

約120万円の債務について分割弁済の交渉

3社合計約120万円の債務がある状態で来所されました。
借入時期が短かったため債務の減額にはならなかったが、将来利息カットで分割弁済の和解が成立しました。

時効の援用を主張して約100万円の借金が消滅

借入をして5年以上返済をしていない4社について債務整理をしたいとのことで依頼を受けました。
4社に対し、時効援用の内容証明を送付。4社のうち3社については異議が出ませんでした。残る1社については、依頼者の知らないうちに判決が出て時効が完成しておらず、分割弁済での和解をしました(和解額は経過利息,将来利息含まれる)。
依頼者は約100万円の借金を時効援用で免れました。

約207万円の債務について分割弁済の交渉

4社で約207万円の債務がある状態で相談に来所。
各社への毎月の支払いが合計7万4000円で家計を圧迫していました。引き直し計算をした結果、3社は債務が減額になることが分かり、4社で約108万円の債務になりました。1社は債務額が少額となったので一括返済をし、3社は将来利息をカットして分割弁済することで和解をしました。結果、3社への支払いは合計で月々2万9000円となりました。