広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へご相談ください。

死亡事故で約2100万円の支払いがなされた

依頼者の母親(80代)が交通事故で亡くなった。相続人である4人の子のうち1人は音信不通のため残る3人から依頼を受けた。
まず自賠責保険に対し被害者請求を行い、その後任意保険会社と交渉した結果、相続人3人分の賠償額として合計約2100万円の支払いがなされた。

■弁護士コメント
音信不通の相続人は幼い頃に親戚の養子となり海外に渡られた方。連絡を取ることは不能であったため、残る3人分の賠償請求について一部示談という方法をとった。

子どもが交通事故で死亡 提案金額から2800万円の増額

依頼者は子どもを交通事故により亡くし、保険会社の提示に納得が出来ず来所された。
裁判を起こし、当初の保険会社の提案金額から2,800万円増額した賠償金を受け取った。

鉄柱衝突事故 保険会社支払い拒否→民事調停にて2400万円取得

運転者(被害者)は,運転中,道路左側の鉄製標識柱に激突し死亡。同乗の妻と娘も傷害を負った。
保険会社は,運転者が糖尿病で心臓薬の投薬治療を受けていたことから,運転中,心筋梗塞等の心臓発作を発症したことが事故の原因であり,傷害保険約款の「急激かつ外来な偶然の事故」には該当しないとして,
搭乗者傷害保険金を含む保険金合計4000万円の支払いを拒否した。

交渉では埒があかなかったため,当事務所は依頼者の代理人として民事調停を申し立て,同金額の60%に当たる合計2400万円の保険金支払いを勝ち取った。

飲酒運転事故による死亡   保険金7000万円を取得

依頼者の夫は,飲酒運転によりガードレール・電柱に衝突,即死した。
保険の免責約款には「飲酒運転中の事故」では保険金が支払われない旨の規定があった。
依頼者より死亡事故当初から保険会社との交渉を引き受けた。
保険約款にいう「飲酒運転中の事故」は「酒気帯び運転」では足りず「酒酔い運転」を指すこと,本件は酒酔い運転には該当しないことを保険会社に認めさせ,結果,保険金満額の7000万円を取得した。

交差点での事故 保険会社提示額から2133万円増額

依頼者が交差点出口の横断歩道を青信号で横断中、安全確認等不十分のまま右折してきた車両に衝突されて死亡。損害賠償額が示談交渉では和解できなかったため、訴訟に移行した。
訴訟に移行後、訴訟内で和解が成立。
当初保険会社提示額約4397万円に対し、和解額6350万円 を取得した。

妻が車に轢かれて死亡 3620万円で任意和解

依頼者の妻(70歳)が自転車で走行中に右折する車に轢かれて1週間後に死亡した。当事務所は賠償金につき相手方任意保険会社との交渉を受任した。
当事務所より相手方保険会社へ損害金として約4330万円を請求したところ、約3290万円を支払う旨回答があったが、再交渉し、約3620万円で任意和解した。
なお、相手方は、当初過失相殺の主張(当方15から20)をしてきたが、最終的には過失ゼロで和解することができた。
本人の意向もあり訴訟までは行わずに和解により解決した。

自動車で正面衝突事故 同乗者と併せて保険会社提案額から1101万円の増額

依頼者は、自動車を運転中(母親と姉も同乗中)、センターラインを超えてきた対向車と正面衝突。
母親(当時77歳)は死亡、姉と本人が受傷。
事故から4年に渡って、依頼者の夫が上記3件の損害について、相手方任意保険会社と示談交渉を続けてきた。
保険会社からはこれ以上の提示は出来ないと伝えられているが、これ以上の賠償額の上積みは本当にできないのか確認したいとの相談だった。
本人が直接交渉してきた中で、相手方保険会社が最後に呈示した金額が2891万円だった。
その内訳は主なものとして死亡慰謝料2000万円、逸失利益約740万等。
当職が受任し、赤本基準に基づく賠償額を提示。
相手方保険会社は、顧問弁護士を交渉の窓口に変更する。
訴訟という選択肢も見据えながら、相手方顧問と度重なる交渉の結果、総額約3546万(主な項目として慰謝料2400万円、逸失利益995万円)に増額した。
上記金額に本人も納得の和解
損害賠償金の655万円増額となった。
なお、同乗者の損害賠償についても併せて受任し、相手方保険会社が最後に呈示した金額約328万円に対し、総額約774万円、446万円増額できた。
併せた損害賠償金の増額は1101万円である。

母親が車にはねられ死亡 弁護士が交渉を繰り返し賠償金2400万円を取得

依頼者は、母親が国道片側一車線の道路を歩行中(横断歩道外横断)、車にはねられ死亡した。
加害者側の保険会社から、話し合いをしたいと申し出があったが、自分も周りの人たちもどのように交渉していけばよいか詳しい者がいないため、弁護士に介入してほしい、と当事務所に相談に来られた。
当事務所で、死亡慰謝料、逸失利益(生活費控除率)、過失割合について交渉した。
死亡した母親の年金受給額証明書などを取り寄せ、弁護士が交渉を繰り返し、賠償金は総額約2400万円となった。
死亡慰謝料額、生活費控除率、過失割合について、当方の主張も比較的認められた。

交通事故で加害者(相手方)が死亡 約160万円の賠償金

交通事故の被害者。
加害者は亡くなっており、更に保険に加入していなかった。
当事務所で示談交渉を受任。
相手方の相続人を調査し、相手方を確定した後、約160万円の賠償金で示談成立

死亡事故を起こしてしまった。賠償について相談したい

依頼者は、見通しの良い県道を走行中、横断歩道外を横断中の被害者をはね、死亡させてしまった
任意保険に加入していないため、賠償についてどうしたら良いか分からないということで弁護士に相談。
結果、弁護士が被害者の相続人である相手方と交渉を行い、相手方へ1000万円を支払うという内容で示談が成立。当初相手方から請求されていた額よりも600万円ほどの減額での和解となった。

母親が歩行中に車に轢かれ死亡。提案金額から約380万円増額

依頼者の母親が、歩行中に車に轢かれて死亡した。相手方から提示された金額が妥当かどうかの確認で相談に来所。
慰謝料と逸失利益について交渉した結果、提示金額から約380万円増額となった。