今井絵美

上級アドバイザー / マネーバランス・ドクター®

今井絵美

いまい えみ

今井絵美
 法律事務所に入って間もない頃、親戚のおばさんから電話がかかってきました。 「ちょっと旦那の相続のことで困っとるんやけど・・・」。 おばさんは、私が法学部を出て法律事務所に勤務しているということで、詳しいと期待してかけてきたのでしょう。 結果は・・・思うようにアドバイスできませんでした。 当時、相続の法律はかじっていたものの、実際に目の前の問題に向き合うにはあまりにも未熟だったのです。 当然のことながら、試験の問題を解くのと、他人の生活を左右することとでは重みが比較になりません。 この経験で、「勉強したことが何の役にも立っていない」ことを実感し、「せっかく学んだことを人のために活かしたい、 そのためにもっと勉強したい」という気持ちが強くなりました。 相続トラブルに巻きこまれて法律事務所にやってくる人は後を絶ちません。 しかし、その方たちは実は氷山の一角で、専門家の門をたたけずに、多くの人が、 悩みのループにはまっていると思います。私のおばさんもそうでした。 そんな人たちのために、身近な相談相手になりたいと考え相続アドバイザーになることを決めました。 「学んだことを人のために活かす」こと、そのために「学び続ける」という姿勢を忘れず、 1人でも多くの方のお力になれればと考えています。

今井絵美ページに戻る

担当者がわからないまま相談するのは不安...