広島最大級の弁護士事務所、山下江法律事務所のロゴ

広島最大級の弁護士事務所へ
ご相談ください。

2020/06/18

ニュース

<新型コロナウイルスに対する取り組み>初回相談無料!面談の他、電話相談・オンライン相談も可能です

不貞行為慰謝料を請求額の半分まで減額

依頼者 20代 女性 会社員
相手方 40代 男性 不明
争点 ⑥慰謝料
内容 慰謝料減額

相談に至った経緯・内容

相談者は妻子ある男性と5年にわたり不貞行為を行い、妻から慰謝料を請求され、当事務所に対応を依頼。金額が折り合わず訴訟に至った。判決となり、相手の請求額330万円の半分である165万円で決着した。

当事務所の対応と結果・弁護士コメント

不貞行為をしてしまったからといって相手の言いなりに慰謝料を払う必要があるわけではありません。一定の相場観、水準がありますので弁護士に相談してみてください。

 

関連する解決事例
関連するお客様の声